シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

加圧トレーニングと通常のトレーニングの違い

シェアする


筋肉を鍛えることで、

  •  強さ
  • 逞しさ
  • 美しさ
  • 若々しさ
  • 健康

などを手にすることができます。

しかし、どんな方法を使っても「筋肉を疲労させる」段階がなくては筋肉を鍛えることはできません。
ただし、筋力トレーニングの方法の選択とトレーニングメニュー、取り組み方の工夫次第で、トレーニングの時間を短縮することは可能です。

トレーニングのポイント

トレーニングのポイント

筋肉を太くするためには筋肉の中にある筋繊維をできるだけ沢山使う必要があります。
つまり、筋繊維を目一杯使える状態にしてトレーニングすることが大切です。

しかし、軽い負荷や日常動作では筋繊維を目一杯使い切ることはできません。
ですから、通常のトレーニングでは、ある程度の負荷(重量)を筋力トレーニングに用いることが必須となってきます。

通常のトレーニング方法でトレーニングをおこなう場合、軽い負荷では、筋肉の中の筋繊維の数十パーセントを使うだけで済んでしまいます。
残りの筋繊維は休息したままで疲労しません。

しかし、負荷が重くなればなるほど稼働する筋肉繊維は多くなっていきます。
また、重い負荷での反復運動が続くと、最初に頑張って疲れてしまった筋繊維を補助するために、それまで休んでいた筋繊維が稼働し始め、最終的には全ての筋繊維が疲れ切って負荷を持ち上げることができなくなってしまいます。

ここまで筋肉を披露させると、筋肉は超回復してより強く、太くなるのです。
つまり、通常のトレーニングでは、筋肉を鍛えるためには重い負荷を使って反復運動を繰り返し行う時間が必要だということです。
トレーニング

さきほど、トレーニングの方法の選択と言いましたが、ここで加圧トレーニングを選択すると、トレーニングの取り組み方、メニューの工夫の幅が大きく広がります。
なぜなら、加圧して血流を制限をすることで、小さな負荷で短時間のトレーニングをおこなうだけで、筋繊維を目一杯使って効率よく「筋肉に疲労を感じさせ」ることができるからです。

軽い負荷(負荷をしようしなくても)、短時間で行える最初の基本運動を行うだけで、筋肉が疲労した状態を作りだすことができるため、とても短時間のトレーニングで目的の筋肉を鍛えることができるのです。
また、筋肉が短時間で疲労を感じるのは、血流を制限することで筋肉に乳酸という疲労物質が溜まりやすくなっているからなので、加圧ベルトを外して血流を解放すると疲労がサーッと引いて残りにくいという特徴もあります。

[ad#as-01]