シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

加圧トレーニングの特徴・・脂肪を効果的に落としながら筋肉をつける

シェアする


一般的にダイエット(減量)を行うと筋肉も一緒に落ちてしまいます。
ウェイトコントロールが必要な競技種目のアスリートであれば体力が落ちてしまいますし、ダイエット目的の女性であれば、基礎代謝が落ちて太りやすい体質になり、以前と同じ量を食べても太るようになってしまいます。

トレーニングのポイント

トレーニングのポイント

しかし、加圧トレーニングでは、脂肪を落としながら筋肉をつけるという事ができます。
一般のトレーニングをして筋肉が肥大すると、筋肉の重さだけ体重も増えます。

この時、筋肉が増加した分以上の脂肪が落ちれば体重はマイナスになります。
加圧トレーニングでは、ダイエット(減量)中でも筋肉を発達、あるいは維持することができます

その結果、筋肉量を維持し、脂肪だけが落ちていくという理想のダイエットが可能になるのです。
ですから、加圧トレーニングはダイエット中のエクササイズにピッタリです。

炎

効果的に脂肪を燃焼

筋肉が発達すると基礎代謝が上がります。
基礎代謝が上がれば脂肪が落ちやすくなります。

筋肉が発達すると聞くと「筋肉が付きすぎるのは・・・」と心配される女性もいるでしょう。
しかし、通常の食事をとりながら、スタンダードな加圧トレーニングをすることでは、多くの女性がイメージされるようなムキムキの筋肉にはなりません

男性ホルモンの少ない女性がそうなるためには、積極的なタンパク質摂取やハードなトレーニングが必要なのです。
また、成長ホルモンは脂肪を減少させる作用があります

体は大量の成長ホルモンを分泌すると、少年~青年期のような脂肪の少ない引き締まった体に近づこうとします。
ですから、ムキムキになるというよりは、少年期~青年期のような引き締まった体に近づきやすくなると考えてください。

[ad#as-01]