シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

インナーマッスルと故障/ケガの関係

シェアする


最近では、多くの一流スポーツ選手がインナーマッスルを意識してトレーニングをおこなっています。
というのも、インナーマッスルとアウターマッスルの筋力バランスが崩れることが、障害を引き起こす原因となるからです。

トレーニングのポイント

トレーニングのポイント

例えば、野球のピッチャーなどに多いインピンジメント・シンドローム(ぶつかり症候群、はさまり症候群)というものがあります。
肩を使うスポーツ選手がおこしやすい障害です。

「スポーツはしていない」という方でも、四十肩、五十肩などで痛みを感じたり、肩が上がらなくなるのも同じようなしくみで起りますので、そういった症状をお持ちの方も参考にしてください。

肩の構造を知ろう

下の図では肩の骨格の構造が示してあります。

肩関節とインナーマッスル

肩関節とインナーマッスル

赤いラインがインナーマッスルです。
関節は骨と骨が固定されていないので、インナーマッスルが骨と肩の骨の位置を調節する働きをしています。

赤いライン(インナーマッスル)が縮むと、腕の骨が肩の骨に近づく力が働きます。(他の結合組織もありますが便宜上省略してあります)
そして肩の上に乗っかっている、赤い塊がアウターマッスルを示しています。(三角筋)

三角筋が縮むと腕の骨は上へと持ち上がります。
この時インナーマッスルが度な力で腕の骨の根元を固定して回転軸を安定させるので、スム-ズに腕が上方に向かって動くのです。

しかし、三角筋が縮んで腕の骨を上方に持ち上外る時、インナーマッスルの力が弱いと腕の骨の根元を固定して回転軸を安定させることができないため、腕の骨が上方へとズレてしまいます。

ひどい場合は、関節が半分外れたような状態になってしまうので、

  • 腕と肩の骨がぶつかる
  • 2つの骨の間に関係のない筋肉が挟まる

といった事象が起きて、それを繰り返すことで痛みや炎症が発生してしまうのです。

こうした要因で起こる肩の故障をインピンジメント・シンドロームと呼んでいます。

  • アウターマッスルの筋力が強すぎる
  • インナーマッスルの力が弱すぎる(老化、運動不足などによる)

ことで生じる筋力バランスの崩れが引き起こします。

インナーとアウタ-のバランスを取ってこうした症状を予防しましょう。

[ad#as-01]