シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

インナーマッスルを体感してみよう!!

シェアする


インナーマッスルと言葉では分かっていても、実感が湧かない・・・そんな人も多いのではないでしょうか?

インナーマッスルの多くは体の深い部分にあるので、太腿の大腿四頭筋、腕の上腕二頭筋のようにピクピク動かしたり、力を入れて硬くして確認することが難しいからでしょう。

しかし、トレーニングを効果的に行うためにはイメージをしながら動くことが大切です。ですから、簡単な実験をして、インナーマッスルの存在を感じてみましょう。

  1. 適当な重さ負荷を片手で持ちましょう。
    水を入れた500mlのペットボトルなど
    そんなに重くない方が良いでしょう
  2. 下の写真のようにまずはペットボトルを手に持ったら、手の平側を上に向けてください。
    ヒジは直角に曲げておきます。

    体感実験1

    体感実験1

  3. 空いている方の手で力こぶ、つまり上腕二頭筋の部分に触れてみてください。
    上腕二頭筋(アウターマッスル)が硬くなっていると思います。

    体感実験2

    体感実験2

  4. 上腕二頭筋(アウターマッスル)固くなっているのを実感したら、ウェイトを持っている手首を体の中心に向けて回転させましょう。
    (手の平を下に向けます)

    体感実験3

    体感実験3

  5. くるっと手首が内側に回った瞬間、上腕二頭筋の硬さが変化するのを感じます。
    腕の内部で筋肉(インナーマッスル)が動いている感覚が伝わってくるはずです。

この感覚の変化は、

  • 手首を回転させるインナーマッスルの動き
  • インナーマッスルによって上腕二頭筋への負担が軽くなった

ことによって生まれるものです。

実感しにくい人は・・

  • ウェイトの重さを変える
  • 筋肉が発達している人にこの実験をしてもらって、その時筋肉を触ってみる

などしてみてください。

簡単な実験ですが、インナーマッスルが働いている感じを実感することでトレーニングのイメージが湧きやすくなるでしょう!!